派遣システムを上手に利用して薬剤師として転職に成功できた経験

薬剤師合格後は病院勤務

薬剤師 求人 | 薬剤師派遣

大学時代に薬学部で勉強を行っていて、後に見事に薬剤師の資格に合格することができました。
その後は新卒者として病院に勤務することになり、初めての就職になりました。
当時勤務をしていた病院は大きな規模を持っている総合病院になり、薬剤師は病院内の薬局で勤務をしていました。
取り扱っている薬の数も非常に多く、ジェネリック医薬品も普及をしている状態だったので、同じ薬であっても非常に範囲が広く、毎日が勉強を行う日々を過ごしていました。
勤務をしていた病院では、入院患者を行け入れる施設として大きな病棟を持っていたことも起因となり、薬剤師であっても看護師と同様に夜間勤務もシフト制として採用されていました。
その結果として私も月に7回程度の夜勤を行うことがあり、新卒者として勤務してから約5年もの月日が流れたことになります。
5年間も勤務を行っていると、仕事の手順や患者さんとのやり取りなども上手く行うことができるようになり、私の場合では患者さんとのコミュニケーションを何より大切にしていました。
収入や仕事内容自体には全く不満などを感じずに仕事に励むことができましたが、20代の後半ともなると、最後の転職を意識するようになったことも事実です。
不満とはなりませんが、敢えて言うならば、夜勤を行うことに対して体力的な面で不都合さを感じることも多く、自由な時間を作ることがあまりできない状況でもあったので、もっと趣味の時間などプライベートな時間を確保することも希望するようになりました。

薬剤師合格後は病院勤務 | 派遣システムを利用した転職 | 派遣という働き方